直接会える

看護師に限らず、転職に転職サイトを利用するのは、今日では一般的になってきつつあります。しかし、すべての人がサイトを利用しているかと言えば、当然ながらそうではありません。
特に、人によっては顔の見えない相手から斡旋される情報を警戒したり、直接会った事のない人に就職についてのアドバイスを受けることに抵抗感を感じる場合があります。
こうした人には、転職サイトではなく転職エージェントの利用が有効です。
転職エージェントの仕組みは、転職サイトと大きな違いはありません。転職を希望する人を所定の職場(ここでは医療関係の施設や企業になります)に斡旋する事によって報酬を得ます。
最大の違いは、直接エージェントに所属するコーディネーターと会って相談できるという事。ですので、例えば履歴書や職務経歴書の書き方を直接指導してもらえたり、実際に面接を受ける際のリハーサルやアドバイスを面と向かって受けることができます。
また、こうしたサービスはインターネット上でも行われているので、例えば希望する職場をインターネットを介して紹介してもらい、就職するための指導をエージェントの持つ拠点で受けるといった活用方法があります。
転職エージェントには、そのエージェントが強みを持っているところとそうでもないところがあります。例えば大手・中堅を問わず広く転職をサポートしているところなどは、医療現場系以外の職場に転職を考えている人、例えばコールセンターナースの斡旋などに強みがあります。逆に、医療現場に特化した専門のエージェントもあります。さらに絞り込んで、看護師専門のエージェントも存在します。
変わったところでは、地方の医療現場に強みを持つ中小の独立系のエージェントも存在します。自分が目指す職場に転職するためには、どのエージェントが強いのかを検討すると良いでしょう。
エージェント選択の基準は他に、「有料職業紹介事業者」の免許を持っているか、個人情報の保護体制が整っているかなども重視すべきポイントです。それから、エージェントによっては就職が決まったときに「祝い金」を支給してもらえる場合があります。少々がめついかもしれませんが、これもポイントとして見ると良いでしょう。
転職サイトと同様に、エージェントも複数利用がおすすめです。自分の希望に合致した職を斡旋してくれそうなエージェントを選んで、2~3ほど登録すると良いでしょう。
転職する際、参考にするサイトとして女性のための転職LABOなどがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です